毎日を楽しみながら将来の自分に投資する6つの考え方

自分の好きなことを職業にできていますか?
会社に勤めると、自分自身では仕事をコントロールできません。時には本当に嫌な仕事をさせられることだってあります。
嫌な仕事を嫌いな人たちと一緒に続けるなんて、絶対長くは続きません。

今回は将来後悔しないために、若いうちに考えておくべきコトを紹介します。

自分が本当に楽しめることを見つける

自分の才能を分析して、自分がやっていて本当に楽しいと思えることを若いうちに見つけましょう。
年を取ってからだと、このワクワクはなかなか見つけられません。
30代40代と年を取るにつれて、自分の今までの生活が身について、それが当たり前になってしまう。
そうなると手遅れ。行動するための”好奇心”は無に等しくなります。
楽しいことはどんなことでも全力でできます。「頑張って終わらせた!」ではなくて、「楽しくて没頭してしまって、気づいたら終わっていた!」のほうが気持ち的にも作品的にも良いですよね。
楽しいことを見つけることは、今後の人生で新たな挑戦を考えるヒントになります。

誰よりもたくさんの経験をする

好奇心が旺盛な若い時期にたくさんの経験をすることが大切です。
いつも同じ人と同じ場所でおなじような話をしていると、新しい考え方ができなくなります。
同じような毎日に何か1つでも変化を与えてあげることを続けてみてください。

  • ためになると思ったことにはお金をケチらない
  • たくさんの場所や人に出会う
  • 死ぬほどの恋をする

など、若くて体力のあるときにしかできないようなことを積極的にやりましょう。
一度経験したことは、怖くありません。経験は将来の”余裕”に繋がります。

行動力を身につける

受け身になっていませんか?いつも受け身だと自分から何かを得ることをしなくなります。
家でゴロゴロは、たまには良いかもしれませんが、そこに生まれるものは何もありません。
みんなが休んでいる時間に自分はなにかをやっている、そう言った行動力は将来の自分への投資になります。
自分に刺激を与え続けると、新たな発想が生まれて、それが将来の行動に繋がります。

  • 趣味の集まりなどコミュニティに参加する
  • 仕事帰りのカフェなど習慣を作る
  • 休日にスポーツをする

など今すぐに実践できることは、意外にたくさんあるはずです。
行動力が身につくと、人に会う機会が増えます。世の中にはいろんな人がいます。
貧乏な人、金持ちな人、幸せな人、不幸な人・・・たくさんの人に会うと、自分の考え方をもっと客観的に見られるようになります。
1つの考え方に縛られずに、いろんな視点でいろんな考え方ができるようになります。

自分の得意を見捨てない

会社から与えられた仕事が、自分の得意を生かせない内容だったとしましょう。
その得意は見捨てられ、いつまでも使われず、忘れ去られていきます。
会社は少ないコストでいかにたくさんの労働力を得るかを追求しているのが現実。
あなたを守ろうなんて最初から考えていないのです。
もし、忘れ去られた得意を見捨てずに生かしていたら?
もっと大きな仕事ができるかも知れません。

会社に対して希望を見いだせなくなったら、
「どこかに勤めてお金を貰う」という考え方自体を覆しましょう。
それは自分の中だけでコッソリで良いんです。誰にも迷惑をかけずに覆しちゃうんです。

私は今の会社にたくさんの開発をしたいと思って、システムエンジニア枠を志望して入社しましたが
実際にやらされたのは3年間ひたすらのシステム運用・保守。オペレーターにされてしまいました。

会社がやりたいことをやらせてくれない!という絶望感から、かえってやる気が出てきて、副業を始めました。
・WEB制作
・ライティング
・プログラミング
を主に副業としていますが、今は自分の得意を生かしながら、たくさんの人の役に立っていることが一番のやりがいになっています。
副業をするとお金に対するリスクの分散にもなりますし、お金を稼げるからたくさんのことに挑戦して経験を積めます。
自分の持つ才能を、一番良い形で輝かせる方法を身につけると、将来かならず芽がでてもっと大きなコトをできるようになるはずです。

没頭できる趣味を持つ

没頭できる趣味を持つと、それが生きがいになります。毎日のツライ仕事から解放され、その間だけリフレッシュできます。
日常にはないことを楽しむことで、仕事も生き生きとできるようになるはずです。
仕事ばかりだと笑顔がなくなります。お客さんは笑顔に安心してサービスや物を買います。
お客さんがいないとビジネスは成り立ちません。笑顔のない人=仕事ができない人だと私は思っています。
毎日が忙しい人こそ楽しめる趣味に没頭して、ストレスを解消することもたまには必要です。

お酒を好きになる

人との親睦が高まるのは飲みの場です。だから新年会、忘年会、歓迎会などで”飲み会”をするのです。
お酒が好きな人同士は、飲みの場を誰よりも楽しんで、誰よりもたくさんのお話をします。
そういう場を設けることを楽しみにしているんです。
お酒を好きになると、飲みの場に呼ばれることが多くなります。
私はお酒が好きという理由で、趣味のコミュニティの仲間から、全く違う業種の方々の飲み会に誘われたことがあります。医者や薬剤師、看護師の集まりだったのですが、普段そういう方々と飲む機会はないので、彼らの話を聞くことでとても良い経験をさせてもらえました。自分がどんな人と気が合って、将来どんなことをしたいかを考えるヒントになったからです。

まとめ

家でのんびり。疲れたときにはのんびりすることも大切ですが、40を過ぎて伸び悩む人はいつも受け身の姿勢で自分から行動しません。
若いうちに行動するクセをつけておくことで、常識を打ち破って、他の人とは違った人生を送れるかもしれません。
やりたいこと、楽しいことをどんどんやって、たくさんの経験を20代で積むと、将来大きな差をつけられます。
会社は夢と希望を与えてくれません。自分の力でいくらでも夢と希望は生み出せます。

The following two tabs change content below.

おこめ

システムエンジニアをやりながら、ココナラやクラウドソーシングで副業する20代です。WEB制作、SEO対策、ライティングが得意。お酒やファッションが大好き。趣味はグルメ、自転車、カメラ。時々一人旅をします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です