開業した話と自分のやりたいことを職業にする考え方

2017年5月12日
税務署へ行き、開業届を出してきました。税務署での手続きはビックリするほどあっさりとしており、開業届と青色申告承認申請手続を直接税務署へ持って行ったら、ハンコを押してもらってそれで終了。1分もかかりませんでした。

これで税務上はサラリーマンが副業となり、個人事業主が本業となりました。
夢へと一歩近づいたような気がします。
Libart

屋号はLiberte(自由)+Artでリバート。
自由な働き方で、WEBやライティングなどのArtを提供していこうというコンセプトです。

会社での仕事が自分のやりたいこととは180度違っている

会社で任されている仕事が自分のやりたいことではなく、キャリアアップにもつながらない内容。
とにかく未来を感じない運用という作業に、夢と希望を奪われ続けてきました。
このままだと自分がダメになる、将来の起業するという夢が会社に壊されてしまう。
いつも思うのが
自分のやりたいことを職業にしている人は輝いているということです。
どうしてもやりたくない、生理的に受け付けない業務をやっていても、まともな仕事ができるはずがありません。
やりたいことをやれば笑顔が増え、笑顔に安心したお客様がさらに仕事をくれます。
仕方なくやっているような仕事に質の高い仕事はありません。
そういった理由で、自分のためだけでなくて、会社のためにも今の仕事からは離れようという強い思いで開業しました。

若いんだから目を覆うような失敗をしてもいい。

ある書籍に
20代のうちに絶対にやっておいたら良いのが人生最大の失敗をすることだと書かれていました。
(だからといって失敗することを前提に行動しろという意味ではありません。失敗を恐れて行動しないことが一番やってはいけないことという意味。)
人生が後半になると立ち直れなくなるから。
挽回できる20代だからこそ、いろんな挑戦ができる。
こうなったら、失敗を恐れずに自分のやりたいことをやっていこうという強い決意。
成功した人の共通点って若い頃に目を覆うような大きな失敗をしているんです。

成功者は必ず失敗している。そう考えたら、これから自分のやろうとしていることなんて低リスク。
もっとたくさんの挑戦ができる!じっとしていられなくなりました。
失敗を恐れないで自分のやりたいことをどんどんやる!いてもたってもいられません。
失敗

行動を後押しする副業の売れ行き

安全な道ばかりを選んでいると何も起きないけど、何もない人生になってしまう。
そういった危機感と焦りから、今年になってから本格的に動き出しました。
ココナラで今まで1000円でSEO診断をしていましたが、今年からWEB制作サービスも本格出品。
当初5000円で出品していましたが、出品してからたった1週間で10件もの依頼殺到で追いつかず、2万円に値上げするも変わらない依頼の数。
恐らく5万円に値上げしても依頼殺到するんでしょうが、しばらくは様子見期間。
会社に行かなければならないので、多くの依頼を断ったりしていますが(お客様で見ている方がいらっしゃったら申し訳ありません)
待たせているお客様もいらっしゃいますし、会社に行かずにWEB制作やライティング、プログラミングに没頭できたらどんなに稼げるだろうと毎日がもったいなくて仕方ありません。ホームページ制作サービス

自分のやりたいことを自分で見つけて自分で仕事にする楽しさ

自分だけの自分による自分のためのビジネス。
気合いが入っているわけじゃなくて、目の前の仕事に純粋に心から楽しんで取り組める。それが自分の仕事の良いところ。
私の場合、会社に与えられた仕事にはやりがいを全く感じられませんでした。
あるのはこのままで良いのだろうか・・・?という不安です。
会社には会社の看板があり、自分の仕事は会社の利益となります。それが嫌だった。

個人で仕事をしていたら、お客様から直接感謝の言葉をいただき、これからもよろしくお願いしますといつも言われます。
それが自分の仕事の一番のやりがいになっています。ありがとうって言われたらモチベーションも上がるしこの仕事をやってて良かった!という充実感に繋がります。

WEB制作だったら、どんな素敵なページにしようかと毎日勉強する意欲でいっぱい。
少しでも素敵なページをお客様に提供したいですから。

現状に不満を感じたらどんな形でも自分が楽しくてやりたいことをやれる道を探ってみるのも、10年20年と働いていく上で大切です。
嫌な仕事でもう1ヶ月も続かない!という人は要注意です。心身ともにボロボロになっちゃいます。

開業してから痛感するダブルワークの辛さ

開業して会社とのダブルワークの状態になったら基本的に休みはありません。
特にWEB制作はお客様との細かな連絡や確認が必要です。
掲載するコンテンツ、デザイン、ロゴなど相談事項が山ほどあります。

寝る前にメッセージが来て返信すると言うのが毎日。

私の日々の生活はこんな感じです。
8:30~17:30 会社
18:00~21:00 スタバで副業(今は本業?)
21:30 帰宅
~24時 くつろぎながら仕事のメールの返信

フレックスなので早く退社してスタバに行ったり。会社ではやることをやったらさっさと仕事へ行こう!という働き方です。
ゴールデンウィーク、土日も関係なく連絡し、仕事をしています。

休むことも大事だと思っていても、どうしても連絡が来てしまって休めないことも。
ダブルワークを続ける場合はある程度の覚悟が必要です。

楽しいことをやってストレス解消

私は、疲れを癒やすためによくバーへ行きます。
バーは一人の時間を楽しむ場所。気持ちの整理やバーテンダーとの会話で非日常を楽しめ、仕事を忘れられます。ウイスキー
運動して仕事を忘れるというのも手です。私は自転車をやっています。
最高の絶景と天気!カフェまるくとナイタイ高原へグルメサイクリング
現実を忘れて遊んだとき、次の仕事でもリフレッシュできます。ダブルワークをするときは、休めるときに休むことを仕事にすることも大切です。

周りからのアドバイスではなくて自分の直感を信じる

恐らく開業を打ち明けるといろんな人からいろんな意見を言われるでしょう。

  • 君は向いているんじゃないか?という肯定的な意見。
  • お前には無理だという否定的な意見。

様々な意見を受けながらも結局決めるのは自分です。
誰がなんと言おうと自分のやりたいことをやってやる!という強さがないと、個人事業主ではやっていけません。
強い決意、夢と希望を大切にしてください。

自由な働き方を追求していきたい。

会社に与えられた仕事を文句をいいながらやっても、自分がダメになるだけです。
会社は一種の刑務所です。
時間と場所と仕事と人に縛られ、当然のことながら自分のやりたいことをやるのには相当な労力が必要です。
会社は組織なのでやりたいことをやってたとえ1億円稼いだとしても、自分のお金にはなりません。
それが普通なのですが、私の性格には合いませんでした。

私の場合、自分の進むべき道を自分で選んで充実した日々を送るには”自由な働き方を追求していくしかない”と考えています。
もちろん会社員には会社員にしかないメリットがあります。福利厚生など安心と安定があります。
そういうのを捨ててでも、挑戦し、自由な働き方を追求していきたい。
安心と安定を死守し続けていたら、挑戦することを忘れてしまうから。
そういった強い思いでLibArtを育てていきます。
安定

The following two tabs change content below.

おこめ

システムエンジニアをやりながら、ココナラやクラウドソーシングで副業する20代です。WEB制作、SEO対策、ライティングが得意。お酒やファッションが大好き。趣味はグルメ、自転車、カメラ。時々一人旅をします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です