待望のApple Silicon Mac発売!Windowsしか使ったことのない私がM1チップMacbook Airを注文した3つの理由と4つの懸念点

かねてより噂されていたApple Silicon Macが現地時間2020年11月10日に発売されました!
脱intel!!
この発表はPC業界に衝撃を与える大変革です。

発売されたのは以下の3機種。
「M1」を搭載した「MacBook Air」と13型「MacBook Pro」、「Mac mini」
出典:Apple M1搭載の新機種、MacBook Air、MacBook Pro、Mac mini

今までこれらの機種はintel製のCPUが搭載されていました。
今回発表されたのは評判の高いiPhoneやiPadに搭載されているAppleが自社開発したチップと同じアーキテクチャを利用しており、その性能はintelなどの他社チップを凌駕します。

圧倒的な高効率で、価格に対するパフォーマンスが非常に高く、しかも省電力。そんなM1チップ搭載のMacbook Airを、これまで一度もMacを使ったことのない私がなぜ購入したかの理由を交えながら、
その魅力をお伝えします。

M1チップ搭載のMacbookAirを購入した3つの理由

Appleから発表され、以下の構成で注文してしまいました!
メモリ8GBがデフォルトなのが、ちょっと意地悪ですね、今の時代8GBじゃ絶対足りないし、ハードウェアの知識がない人は安い8GBを買ってしまいそう…。
購入予定の方は強く16GBの設定をおすすめします。今後のためにも。

圧倒的な処理性能

最新のiPad Airと比較すると以下の通りです。

コア数 iPad Air4(A14 Bionic 5nm) Macbook Air(M1 5nm)
CPU 2つの高性能コア+4つの高効率コア 4つの高性能コア+4つの高効率コア
GPU 4コア 7コアor8コア(SSD 512GB以上で8コア)
ニューラルエンジン 16コア 16コア

以下の記事で、iPad Airのベンチマークが公開されていますが、その性能は圧倒的。
それを凌駕するのが今回のM1チップで、iPad ProのA12ZやA12Xにもベンチマークでは圧倒すると予想します。

iPad Air 4のベンチマーク結果が公開、A14チップの性能はいかに?

更にはCore i9-10910搭載のMacBook Pro 16インチを上回るベンチマーク結果が出ているとのことです。凄すぎる!

Apple M1、3.2GHz動作でCore i9-10910超のシングルコアスコア

チップの内製化により、価格を抑え、同時に圧倒的な性能の向上、消費電力の削減を果たしたということで
コスパの面で購入の1つの決め手となりました。

性能の向上と同時に省電力化

従来のMacbook Airは、最大11時間のバッテリー駆動と公称されていましたが、最大18時間に伸びたようです。
これはかなりでかい!実際に使ってみてどの程度の時間、バッテリーが持つか、楽しみです。

他のApple製品との連携をしたかった

実は、私は今年になってからAndroidからiPhone11に移行し、同時にAirpods ProとApple Watch Series5を購入しました。

この3つはすごいんです。
Apple WatchとiPhoneの両方からAirpods Proを操作できるし、途切れることなく、ストレスのない連携ができます。
3つのデバイスが常につながっているような感覚。

ですが、Windows PCを利用していたので、特にAirpodsに関しては接続がWindowsとの相性が悪く、非常に不安定でした。(片耳が聞こえないなど頻発)
Macbookに切り替えることで、Airpods Proもより便利に使えることを期待します。

更にMacなら、Apple Watchを装着中は、ロック解除が自動でされるとか?そういったApple製品同士の連携は何よりのメリットかと思います。
(Appleの思うつぼかもしれません。)

初めてのMacbook Airに対する懸念点

初めてのMacということもあり、当然ながら懸念点もありますので紹介します。

液晶はグレアパネルのみ?

映り込みやギラギラ感が嫌いで今までノングレアのPCを利用していました。
Macbook Airの場合は光沢のあるグレアパネルのようです。
確かに見た目は美しいですが、グレアパネルは目が疲れるし、見づらい。

本当は貼りたくないですが、アンチグレアの保護フィルムを注文することで、この問題は回避しようと思います。

USB-Cポートが2つだけという拡張性

USB-Cポートが2つしか無いため、自宅で外部ディスプレイにつなげたり、デスクトップ用のキーボードをつなげたり、他にもUSB機器を使うことができず、
少し不便。しかもその2つのポートで充電も必要ですので、家で使う場合実質1つしか使えません。無駄を削ぎ落としたデザインをしたい意図はわかりますが、最初は不便すぎて買うのを躊躇ったほどです。
最終的には以下のAnkerのイケてるハブを購入することで回避することにしました。

これがあれば、1つのポートにつなげるだけでディスプレイやキーボードなどまとめて接続できるので、却って便利になるかも。

Airのくせに意外に重い

最近の最新WindowsPCの中には最軽量600g代!というPCも出てきていますから、Macbook Airの1.29kgはかなり重い部類かと思います。
もう少し軽量化を頑張ってほしかった。少なくとも1kgは時代的に切らなきゃ、他のPCに負けるかと思います。
なぜこんなに重いんだろう…拡張性もないくせに。

ファンレスでどこまで高負荷に耐えられるか

Macbook Airの場合、ファンレスの静音設計のようです。いくら高効率なチップでも、動画編集や、ゲームをすると発熱で
パフォーマンスが落ちてしまいそう。こればかりは使ってみないとわかりません。届いたら試してみます。

まとめ

いくつかの懸念点もありますが、今回のMacbook Air購入は、それを上回るメリットがあると確信しています。
iPhoneユーザーはもちろんですが、特にApple WatchやAirpods Proを持っている方は、より便利に使いこなせることでしょう。

到着は11月25日頃となりそうです。到着したらまたレビューします。

The following two tabs change content below.
Fujitani

Fujitani

東京でエンジニアをやりながら、ココナラやクラウドソーシングで副業する20代です。スマートホーム、家事の自動化にハマっています。 お酒やファッションが大好き。趣味はグルメ、自転車、カメラ。時々一人旅をします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です